女性ドクター

腰椎椎間板ヘルニアは治療で改善できる|コルセットで負担緩和

辛いヘルニアを改善する

腰痛

ヘルニアの改善方法

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の間にある軟骨が飛び出して神経を圧迫させてしまう症状のことをいいます。背骨と背骨の間には軟骨が存在し、骨があたらないようにクッションの役割をしていたりスムーズに身体を動かせるようにしているのです。しかし何らかの原因によって軟骨が飛び出して神経を圧迫するため痛みが出てしまうのです。腰椎椎間板ヘルニアは治療すれば治せる事も多いという点を知っておくと良いでしょう。腰椎椎間板ヘルニアは主に整形外科で治療を行っています。症状が軽い場合には、牽引や温熱療法などによって痛みを緩和させることができます。痛みが強い場合には鎮痛剤や神経ブロック注射などで治療します。これらの方法を試みても症状が全く改善されない場合には、手術を行ってヘルニアを取り除きます。

注目の理由

腰椎椎間板ヘルニアの治療が人気を博しているのは、辛い痛みを抑え健康に生活を送ることができるからです。腰椎椎間板ヘルニアになってしまいと、腰だけでなくお尻などにも痛みがでてしまいます。重いものを持つなど腰に負担をかける作業ができなくなり、症状がひどくなると痛みが強く起き上がれなくなるほどです。自分で歩けなくなるほど痛みが出てしまうと、自力で生活を送ることが難しくなってしまうのです。腰椎椎間板ヘルニアは毎日の生活を気をつけることによって予防することもできます。猫背など姿勢が悪いと腰に負担がかかりやすくなり、また肉体労働をしている場合には腰の筋肉に疲労がたまってしまいます。姿勢を正し、腰に疲労が溜まる前にマッサージやストレッチなどで筋肉を緩めてあげると予防することができるのです。